プルルルル・・・

園長「まこちゃんが、遊んでいるときに、肘をついて捻ったようなんです。
近所の病院に連れて行っていいですか?」

大げさだなあ。

「肘を捻っただけですよね。レントゲン、MRIは嫌です。」

園長 「では、近所の接骨院に診てもらいます。」

おお、そこまで行政ってしてくれるんだ。驚
 
 
しばらくして、迎えにいくと、僕の顔を見るや大泣きの次女。

園長「接骨院の先生が、肘が外れていないか、手を捻って確認しましたが、
外れてはいないようです。ヒビとかあるといけないので、病院で検査してきてください」

「はい」

 
 
帰宅して、肘の様子を見るが、

「ん? これって肘じゃないよな。 この腫れ方・・・、折れてる?」
 
 
整形外科で、レントゲン。

しっかり折れとるっ!

折れとることも気付かずに、先生は、この子の手を捻ったのか~っ! 
 
おお、痛々しい・・!
 
 

中日ドラゴンズの選手を診ているような整形外科の先生が、骨を接ぐ・・・。

次女 「いたーーーーい!! いたすぎる~~!!!!」

4歳児が限界を超えた痛みを痛すぎると表現していることに、ちょっと関心。

 
整形外科先生 「まず大丈夫ですが、大学病院で一応診てもらって下さい。」

次の日、大学病院にて。

大学病院の先生 「手術しましょう。そく入院です。」

幼児に、全身麻酔、やだな。

持ち帰って、ふたたび整形外科。

整形外科先生 「まず大丈夫でしょう。明後日、また診せて下さい。」

明後日

整形外科先生 「まず大丈夫ですが、もう一回、大学病院で診てもらって下さい。」

・・・・・・。

 
出来事は、中立。

自分の中の定まらない家族への思いが、この決まり切らない状況を産み出しているんだろう。

信頼のおける何人かの友人に相談。

それらの情報を元に、方向性をぱしっと決めた。

いいもわるいもなく、決めたこの道が、僕の道だ。

決めれば、すっきり空は晴れた。
 

 
最近、いそがしく、子どもと接することが少なくなっていたことを考えると、

今こうして、子の顔を見て、過ごす時間がとても心地良い。

当たり前の幸せへ、ありがとう。

2013.11.15001

 

★★ご案内★★
満月の宇宙会議4 11/16 14:00~16:30 ※ほぼ満席ですが、ドタ参加受付中。
新月アセンションの会15 12/3 19:00~21:30
 
 
★コバシャールとお話ししてみませんか?
どんなセッションなの? と聞かれますが、十人十色です。宇宙があなたを導くままに~。
個人セッションについて →