soul
秋太郎じいちゃんが、97年の生涯に幕を閉じた。

晩年、何度も入退院を繰り返した。

何年も前、そろそろあぶないからと親戚が集まった。

そんなことが幾度もあったが、入院するたびに、若い看護師と接してなのか、

元気になって、退院していた。

じいちゃんは、明るいスケベだった。

いつも色気のあることを笑顔でしゃべっていたお調子者。

もったいないことにその要素は、子どもには継承されていないので、

孫の僕が継承しようか検討中。
 

 
バシャールは言う。

「死。それは、となりの部屋に移動するようなもの。」

「また生まれ変わるでしょうし、また会うでしょう。」
 
「人生に意味はない。」
 

 
意味づけは自分でするだけのことだ。

自分の人生に対する意味付けは、じいちゃん自身がやっていたはずだから。

僕にとっての「じいちゃんの人生、死」への意味付け。

多くの苦難を、笑顔で乗り切ってきたじいちゃん。

その強い姿勢を自然体で見せてくれて、ありがとう。

そして、長い間 お疲れ様。
 

悲しむ必要はないはずと分かっていても、涙がにじむ。

まだ少し地球人な僕。