長女 7歳。

僕に対して、ごめんなさい を言うべきタイミング。
(言わなければいけないなんてことはないんだけどね。)
 

いつも言えないわけではないのに、この日は言えずにいた。
その姿をゆっくり、おだやかに、それでいてしつこく見守る僕。
 

「逆に、パパがとこちゃんの大事なものを落として壊しちゃったのに、プイって、謝らなかったらいやでしょ?」

長女 「うん、やだ(涙目)」

「パパは、ちゃんと謝るよねぇ」

長女 「うん」

「じゃあとこちゃんはどうするの?」

長女 「・・・・」
 
 

・・・沈黙・・・・

 
 
苦しくなった娘が、走ってその場から離れた。
そして、僕の見えない場所で泣いていた。
それを見た妻が僕をたしなめる。

 
 
「そこまで追求しなくていいんなじゃいの? 小一だよ」

「本人は、謝るべきだと分かってるよ」

「泣いてるじゃない」

「謝りたいのに、謝れないという乖離と戦っているんだよ」

「こんな小さな子がそんなこと分かるわけないでしょ」

「いや、分かってるって、この瞬間に学びがあるんだよ」

 
 

しばらくして、落ち着いた長女が近くに来た。

 

「落ち着いた?」

長女 「うん」

「思っていることと、やっていることにズレがあるから苦しいんだよね」

長女 「ううん、違うの。謝りたいのに、謝れないから、苦しかったの」
 

(一緒なんだけど・・・)

「今なら、落ち着いて、謝れるかな?」

長女 「うん、でもとこちゃん泣いちゃうかも」

そこへ、次女がちょっかいかけに現る。

長女 「あっちいってよ」

次女 「あやまっちゃいなよ」

長女 「あっちいかないと、あやまれないもん」

「ママのところに行っていてくれ」

次女 「はーい」  ←こんなに聞き分けは良くなかったが。
 
 

部屋から出て、ドアが閉められる。
 
 

しばらくして・・・
 

長女 「落としてごめんなさい・・・」
 

と、同時に感極まって、僕の胸で泣き出す長女。 つられて僕も涙。
抱き合って、泣く父と娘。  ああ、感動・・。

 
  

そのあと ふたり、風呂で人生を語り合った。
 
 

「いいかい? 感じていることと、やっていることにズレがあると、人は苦しくなってしまうんだよ。 ここちよくいきるには、ズレがないことが大切なんだ。 だから、パパ、ネクタイしないだろ? いやだもん」

長女 「それで着ないんだ。 うさと ばっかりだもんね。 パパ、スーツあるの?」
  

 

ufo

書・とこ