夜中の高速道路

眠気を覚ますために立ち寄ったサービスエリアから

再び出発しようとすると

ヒッチハイカーが、適当な地名を書いた紙を広げていた

 
 
 
ひとりだし、話相手にちょうどいいか

眠気対策にもなるし

 

 
車をバックさせて、彼の前に止まる

「乗ってく?」

「いいですか?? もうひとりいるんですけど」

「そうなんだ いいよ」

「おおい! 起きろ~! 乗せてくれるぞ!」

 
 
ぼくの車に若者ふたりが乗り込む

  

ヒッチハイカー

 

 
「ポテチ(無添加)食べる?」

「あざっす!」

ボリボリ・・

 

 
聞けば、東京から、ノリで沖縄を目指したとか

途中、急遽帰らなければいけなくなって

博多ラーメンを食べて、引き返している最中だった

 

 
 
 
「まじ沖縄のビーチ行っちゃう~みたいな話になっちゃって~」

「地名書いた紙持ってるだけじゃなかなか止まってくれないんすけど

俺なんか、紙もったまま踊っちゃうんすよ そしたら・・・」
 
 
 
 

ノリのいい若者は現役の大学生

まだ子供の純朴さを失っていなかったけど

将来について聞くと

 

 

「将来っすか? おれも今はハッピーだけど

きっと会社入ってストレスとかでボロボロになるんすよね」
 

 

これから社会に出ようかという若者の可能性が

学生のうちに確実に奪われている

さすが、文部科学省 ・・ 笑
 

 

 
想定している世界は、魂の勘違い

そのまんま創造されてしまう可能性が高い

 
 
余計なお世話で宇宙の法則を語るコバシャール 笑

 

 
「まじっすか!? え? 頭がついていけてないっす!」

 
 
 

若いっていいね~

いままで、なんどもヒッチハイカー乗せていたけど

なかなか楽しいふたり
 
最近の若者は覇気がないなんて話も聞くけど

こんな自由奔放な活きのいいのもいるんだな

 
 

 
ヒッチハイクなんて、決して安全が約束された旅ではない

でも、旅に出よう! と思い立った瞬間に

リュックを背負っている行動力は、見習いたい
 
 

 
明日の有らぬ不安に苛まれて、今を萎縮してないで
 
 

旅に出ようっ!

 
 

旅先でちゃんとトラブルが待ち受けているさ 笑

どんとこい!
 
 
  
 
※ヒッチハイクを推奨するわけではありません

 

↓ ひょいと時空を越えて来てね

コバシャール 沖縄合宿11/17-19

沖縄 コバシャール五次元宇宙合宿 第二章 2017.11.17~19(金土日)
 
 
 

↓ ゆったり過ごしたい人

満月の宇宙会議20